Top Page>My Profile>パソコン活用実践の過去・現在・未来>

リンク元へ戻ります






DISK BASICの20代、MS-DOSの30代、Windows95/98/Me/2000・・・の40代、そしてWindowsXp/7の50代と、パソコン活用は飽きもせずに続いていますが
黎明期(昭和50〜60年代)のパソコン活用は,振り返ってみると授業用のソフトもハードも自力調達!でした。

DISK BASICをご存じない方が多くいらっしゃると思うので補足します。

DISK BASICとは、MS-DOS が出る前のBASIC言語で、フロッピーディスクを入れて起動すると BASICで記述されたアプリが動作できるようになる・・・というもの。
メーカー間に言語詳細に互換性が無く、アプリの移植やデータのやりとりには、高いハードルがありました。
上の写真がその当時、自分が20代の頃の実践スナップです(^.^)。。。、


以下はその後の歩みやドキュメント・関連史資料などへのリンク集。
自分史のようなものですが、ご縁の皆さんの何かの参考になればと願って、自慢史とならないよう、ありのままにここに置きました。



関連史資料 

 



リンク元へ戻ります

リストの最終更新:2009年11月29日