きらめきの発展学習 〜みてみよう @北極星の方位と高さ A失敗作から B天の北極へ


《 @.  身近な校庭に立って,北極星の方向を指せるかな?写真をクリックしてみてみよう 》

西小の校庭
矢本西小学校の校庭

大塩小の校庭
大塩小学校の校庭

2012_0926_NNE_1905to1925.jpg
矢本東小学校の校庭


矢本第一中学校の校庭 〜 カメラの位置は野球グランドのホームプレート上





《 A. 失敗作からも学んでみよう・みてみよう 》

撮影には,ある程度のまとまった時間のカメラ固定が必要なため,雲のうごきや街の明かり,夜露,突風など,いくつもの大敵があります。

E 雲のうごきで× 大塩小_校庭(鉄棒・ブランコのところ) 夜露で×

 
晴天でしたが動きの速い(   )のために×

 沈みゆくオリオン座をとらえようとしましたが
月の
あかり )のために×
街の( あかり )も
×

 
晴天でしたがまさかの( 夜露 )でレンズがくもって×



※ (   )のところは、マウスの左ボタンを押したまま,なぞっていくと,読むことができます。予想をしながら確認してみましょう。




《 B. 最後に( 北極星 Polar Star )の動きをみてみよう〜 》




  • 運よく夜明け前までの撮影ができた矢本西小の校庭では,天の北極のまわりに小さな円弧を描く(北極星)の様子を収めることができました。

  • いつも真北の方角で輝いて見えている北極星ですが,大きく拡大してみるとわずかに天の北極からズレていることが確かめられます。
    また,よく見ると幸運にも小さな流星も写っています。かなりの好条件がそろって撮影できた画像や動画クリップにつき,小さな円弧をしっかりとらえてもらえれば何よりです。