はじめてのBroadBand Ruter
導入編

最終更新日 2002/01/04.

※なお、その後2003年5月にBLR-TX4は AirStation WBR-G54/Pにリプレイス。日々活用中です


cam_doc9.jpg (26017 バイト) 2001年12月22日、家庭内LANの常時接続開始と同時に、BUFFALO製のBroadBandRuter BLR-TX4 ユーザーとなりました。

 写真は、ケーブルモデムと並べて設置した様子です。常時接続にルーターは必須とは知りつつも、購入の決め手となると迷いは尽きないものですよね。
 そこで、これから、導入しようという方々の参考になればと、今回の購入動機とか、導入に際しての留意点について、まとめてみました。




ruter02.jpg (23490 バイト)BLR-TX4は、CATV/xDSL対応、WAN向けに10Mポートが1つ、LAN向けに10/100MスイッチングHub 4ポート装備された有線専用ローカルルータです。

 しかも、有線LANに加えて、無線LANアダプタを買い足してファームウェアの更新をすれば、無線LANのアクセスポイントとしても同時に対応が可能らしいとのことで、その拡張性が気に入って、選択した次第です。

 なお、家庭内での無線化を急ぐ予定はなかったのですが、常時接続の開通数週間前にBLR-TX4を調達してしまい、ひととおりながめているうちに、はずみで無線化ぐらいはやってしまおうかと、左の分解写真の奥にあるように WLI-PCM-L11GP型番の無線LANアダプタを装着し、ファームウェアの更新も済ませてしまったという訳です。

 無線化にあたっては、BLR-TX4の梱包中に無線化への詳細資料がみあたらず、検索して出会ったサザンビーチサイトの BLR2-TX4の無線化情報 が導入資料としては参考になりました。そして airstation.com   からのファームウェアのダウンロードと続きますが、ここまでたどりつけば、難しいことは、何もありません。あっという間に、BLR-TX4は、有線+無線、両用のルーターへと変身してしまいました。

 ついでに、ルーターの裏面が写っている上の写真で、コネクタ関係を紹介しておきます。黄色のケーブルが接続してあるのがWAN向けポート、このWAN向けポートとケーブルモデムが黄色のストレートケーブルでつながっています。。。LAN側のポートについては、解説不要でしょう。。。。という具合に配線・設置関係で迷うことは、何もないはず。どうぞご安心の上、まず何が何でも導入すべきが、ルーターだと思います。


cam_doc1.jpg (15416 バイト) 
何かと不安な、開通初日のドキュメントから

 工事日当日、ルーターがらみの設定はサポート対象外とのことで、設置業者さんがいらっしゃる間は、1台のパソコンのみでの開通テスト。業者さんがお帰りになってから、ルーターの設置や・設定作業に着手となりました。

 トラブルといえるトラブルは特になかったのですが、あとに続く方が参考になるかもしれないトラブル談を一つ、以下に紹介しておきます。

 ケーブルモデムに1台のパソコンをストレートケーブルで接続し、うまく開通できたので、そのままの状態で、ルーターをケーブルモデムとパソコンの間に差し込み、間違いのない設定をしたのですが、まったくうまくいきません。。。あせりはじめること数十分。。。しかたなしにルーターのマニュアルを手に取り、チェック項目をみていると、「ケーブルモデムの電源コードをコンセットから一度抜いて、30秒〜1分程度経過後に、電源コンセットに差し込んで下さい」という記述があり、そのとおりにやったら、めでたし!めでたし!問題解決。以後は、LAN 内のどのパソコンからも、次々めでたく開通となりました。

 「ケーブルモデムの電源は、絶対に切らないでください。入れっぱなしでお願いします。抜くのは雷の時ぐらいですから」という設置業者さんの丁寧なご説明を、そのまま鵜呑みにして、数十分の格闘をしてしまったのですが、トラブルは切り分けできるもの。自分で選んで(好んで)購入した機器のマニュアル類は、しっかり参照すべきだなあと、だれも責めずに、プラス志向で、自戒・対処した次第です。



 
さて、その後、ルーターを活用した常時接続環境では、様々なチャレンジに着手し始めましたが、
そもそも、ルーター活用のねらいは、LAN内の様々なセキュリティ確保であり、LAN内複数コンピュータからの同時インターネット接続、そして各種サーバーアプリケーションによる実践活用といったところにあります。

 そのあたりの本題となるところは、あわてず着実に実践を重ねながら、続編として別ページに綴っていこうと思いますので、以上雑多なままですが、これにて BroadBand Ruter 導入編は終えることにします。